読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都は若者の免許取得費用の負担とクルマ購入補助に予算を割り当てろ(永江一石氏)って理論に疲れた話

www.landerblue.co.jp

基本的に言いたい放題言う人間に嫌悪感を抱くことはないが、あまりに読んでしょうもない話なので。発端は毎度おなじみの調査。ソニー損保さんの調査です。

ソニー損保、「2017年 新成人のカーライフ意識調査」 | リサーチレポート | トピックス | 自動車保険ならソニー損保におまかせ!

 

上の記事によれば、

 よく
「東京にいると車の必要性がないから」
としたり顔で言う方がそこかしこにいますが、実際に都市部でそういう風に思っているのは、たったの33.2%。つまり3人に2人は「所有できるものなら所有したい」わけですね。「必要が無い」というのは少数派です。

都心部ってフレーズを東京都の話と勘違いしたのかギャグなのか知らないが、都心部のデータを東京都の出生率の話と結びつけるのはいささか乱暴ではないだろうか?人口比率やらあるとはいえ、下記によれば東京はごく一部の話ですよ?23区以外の都市は、そこまで車を不要としているとは思えません。内訳は分かりませんが、所有したい割合を引き上げているのはこれらの都市であると言えそうです。

※新成人のカーライフ意識調査

今調査は毎年ソニー損害保険が定点観測的に実施しているもので、直近分は2016年11月19日から28日にかけて2017年の新成人男女に対しインターネット経由で実施。有効回答数は1000件。男女比は1対1。調査実施機関はネットエイジア。今件調査における「都心部」とは、市・区における人口ランキングの上位都市(1位から8位)である、北海道札幌市、東京都23区、神奈川県横浜市、愛知県名古屋市京都府京都市大阪府大阪市兵庫県神戸市、福岡県福岡市となる。それ以外はすべて「地方」。

  「経済的余裕が無くて車を所有できない」新成人は7割に(不破雷蔵) - 個人 - Yahoo!ニュース より

 

そして、出生率を上げるにはデートに使うクルマが必要なんだそうで。前後は下世話な話なので割愛。

で、なんで東京って未婚率が高いの、ってことだが・・・
もちろん理由は「忙しい」とか「ほかに楽しいことがある」とかいろいろある。「子供の教育費が高い」とかいうのは結婚して初めて調べることで、まだ付き合う相手もいないのにそんなことは考えないだろう。教育費の問題は2人目を作るかどうかの時に出てくると思うんです。で、わたしは前にも書いたのだが

クルマがないから恋愛に発展しない

という要素がかなりあると思ってます。
自分の青春時代を考えると、クルマがないのに恋愛とか考えられなかった。まずオキニの女子をドライブに誘って密閉空間で10時間以上過ごす。そこで一気に発展するわけで(しないことももちろんある w)、クルマがないのによく女の子とそういう仲になれるもんだと思う。地方では未婚率や少子化は東京ほどではないことを考えると、クルマの果たしている役目は大きいと思うわけですよ。

 

まず、若者には金が無いんじゃ!(下記調査結果より)といっても最近の新成人って大学生が多そうだから無理も無い。学費と生活費で精一杯だろう。

だいたい、自分で「金が無いなら頭を使え」って本までだして言ってるでしょ。

金が無いなら頭を使え - Google 検索

(以下、ソニー損保調査ページソニー損保、「2017年 新成人のカーライフ意識調査」 | リサーチレポート | トピックス | 自動車保険ならソニー損保におまかせ!より)

【新成人の車に対する意識】

 

◆車に憧れも興味もあるがお金がない?「車を所有する経済的な余裕がない」が68%

◆都市部の新成人で「車所有への憧れ」が回復傾向

「同年代で車を所有している人はカッコイイ」1年で11ポイント、2年で18ポイント上昇

 

全回答者1,000名に、車に対する意識について、どの程度あてはまるか聞いたところ、≪“若者の車離れ”とは自分自身のことだ≫の項目に対しては、『あてはまる』(「とてもあてはまる」と「ややあてはまる」の合計)が38.7%、『あてはまらない』(「全くあてはまらない」と「あまりあてはまらない」の合計)が38.0%、「どちらとも言えない」が23.3%となりました。“車離れにあてはまる”と“車離れにあてはまらない”の割合は拮抗していることがわかりました。

そのほかの項目のうち、最も『あてはまる』と同意する声が大きかったのは、≪車を所有する経済的な余裕がない≫の項目で、68.4%(『あてはまらない』は12.7%)となりました。また、≪同年代で車を所有している人はカッコイイと思う≫の項目は55.0%、≪車に興味がある≫では48.9%となり、『あてはまらない』(それぞれ22.0%、33.3%)よりも高くなりました。車を所有することに対して憧れや興味を抱いてはいるものの、経済的な余裕のなさがネックとなり、車の所有に踏み切れないという、新成人の意識がうかがえました。経済的な事情が許せば、車を所有したいと考える新成人は多いのではないでしょうか。

 

http://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/20170105_08.jpg

 

 

それに、車はあくまで手段の一つ。鼻息荒く(?)、

女子を引き付けるアイテムとして、

→であれば、一定以上のステータスが必要。つまり、人よりいい車であればあるだけ効果はある。なのでアクアや軽なんかは論外って話です。最低でもミニバンはないと。仮に外車なんか買ったとしても、最終的に結婚なんてことになれば、真っ先に処分されうるものです。

密閉空間で10時間以上過ごすツールとして、

→なにより飽きるわwだいたい密閉されてなくても今やLINEなどのツールがある訳で、仲を深めるのに車はそこまで必要とは思えないし、されてない。

 ということ。

 

結局、主張の中身は結局

おじさんの経験則「昔わしの若い頃ははなぁ・・・じゃった。」語り

&データ添え でしたとさ。

 



 新成人の車の話題から東京都の出生率の話題にミラクルダイブするあたり、この手の話題がPV稼げるのかしら。アクセスしてもらった方が楽しいもんねw
あ、そうそう、ギャグですから!w

 

 じゃ