読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第一生命の「大人になったらなりたいもの」ランキングから見えること

www.jiji.com

 

毎年おなじみ「大人になったらなりたいもの」アンケート。

男の子第2位が学者・博士なんだなーと思って調べてみたことを書く。

 

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_072.pdf

■ 調査概要

第一生命保険株式会社(社長:渡邉光一郎)では、全国の幼児・児童(保育園・幼稚園児及び小学校1~6 年生)を対象に、「大人になったらなりたいもの」アンケート調査を実施しました。 応募用紙は第一生命の生涯設計デザイナーが配布・回収し、今年度は、全国の約8万3千人のお子さま から応募が寄せられました。このうち都道府県別、男女別、学年別に抽出した 1,100 点の内容を集計・分析し ました。 なお、当社ではこのアンケートを 1989 年から毎年実施しており、その 28 年間の変遷も一覧にしています。 <実施概要>

●調査対象 :全国の未就学児及び小学生(1~6年生)

●サンプル数 :1,100

●調査方法 :第一生命生涯設計デザイナーの訪問・回収法

※「ぼくの わたしの、とくいなもの。」「きずな」をテーマとした夏休み子どもミニ作文コンクールの応募用紙 に、作文執筆者が「大人になったらなりたいもの」も併せて記入していただき、その結果を集計。

●調査時期 :2016 年7~9月

 

アンケートの概要を覗いてみると、

応募用紙は第一生命のデザイナー=セールス?が配布回収している。

夏休み子どもミニ作文コンクールの応募用紙にアンケートがついている。

ということだ。

これはつまり、

第一生命の保険に加入している可能性が高い→年収は決して低くない家庭。

子どもがミニ作文コンクールに応募する→それなりに真面目な子ども

であることが推測できる。だってYoutuberがランキング入りしてないし。

下の記事のアンケートの元データを見てないので何とも言えないが。

japan.cnet.com

それなりに教育を受けている家庭の子どもであれば、学者・博士が上位に来るのも納得できる。有名大学進学まで視野に入れている家庭が多そう。そして、ノーベル賞の効果もあるだろうけど。不思議なのは社長になりたいって子はあまりいないんだなと。イメージが悪いのか、具体的にどんなことをしているか掴みづらいのか。

ただそれでも、サッカー選手や野球選手が上位に来るっていうのは、まだ子どもらしくていいなと思う。

 

 

ただ、サッカー選手に限らず学者・博士もなかなか厳しい道のりだからがんばってもらいたいね。なるまでもなった後も大変だよ。

toyokeizai.net

 

それじゃ