読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎年毎年僕らは年賀状出してしまうのイヤになっちゃうよ。

 

年賀状 - Wikipedia

激しく面倒さを感じたので書きなぐる。適当文です。

まず、上のウィキペディアを見るに、30億枚も出してるってことは。。。

単純に1500億ふところに飛び込んでくるわけ。すごいねぇ、年賀状安易に無くせないよね?

 

まず、年賀状について毎年毎年困るのが、

  • 年賀状の手書き
  • 不意をついた年賀状送付
  • カラーインクの詰まり

だ。

何かしらの都合で、毎年送られて来ていた年賀状が来ない年があるとしよう。

それは好都合とその人をリストからはずしてしまうのだが(付き合いが深い人は除くよ)、数年後不意に送ってくるのには対応ができず、正月の酔いも醒める勢いで年賀状を作成してしまう。特に正月明けそうなタイミングでよこすな。

 

加えて、薄い付き合いに年賀状を送るかどうか考えてしまうが、なんとなく送ってしまう。しかも「今年もよろしくお願いします。」と手書きを添えて。

それが何枚も続くもんだから、あたかも署名をしているかのよう。

何だこれは?生存してますアピールなのか、自分。

 

あと、お前は今の時期頑張るためにいるんだろう?イエローのインクよ。

家庭用のプリンタなんてめったにカラー印刷しないもんだから、年賀状を作成するのにまずインクのつまりから直さないと完成までたどり着けない。

いっそのこと、知らない振りしてイエロー詰まりのまま送りつけてやろうかと思ったが、さすがに生き恥を晒すわけにはいかず、泣く泣くインクノズルのクリーニングにいそしむのだ。。。

 

そんなこんなで、年々送り先を減らしてはいるものの、なかなかスムーズにいかない年賀状である。いや、こんなん書いてるよりさっさとやれよ。という話。

ではでは。